DNAバンクの使われ方とは?

前回まではDNAバンクの概要についてお話してきました。

なので、今回は実際にDNAバンクを利用している委員会についてお話していきたいと思います。

【精神疾患DNAバンク】

気分障害・統合失調症てんかんなどは、精神神経疾患の中においても最も多く研究を必要としている病気になります。

このような疾患の原因について、長年の研究が繰り返されてきましたが、未だに不可解な点が多く、原因解明とその治療法開発が精神疾患においても根本的な課題ではないか?と言われております。

福島県にある、福島県立医科大学神経精神医学講座では、このような病因究明および治療法の開発を目的として、DNAバンクを設立しているようです。

DNAバンクは、患者さんやそのご家族の方などから血液を採取させて貰い、そこからDNAを抽出して保存を行い、疾患に関連する遺伝子の探索をし、将来的に疾患関連の遺伝子研究の結果に沿って治療を進めていく事を目的としている組織です。

そんなDNAバンクですが、登録などはどうすれば良いのでしょうか?

その流れを以下で説明致しましょう。

  1. 事務所からの説明・ご理解
  2. 登録へのご同意
  3. 採血
  4. DNAバンク登録の完了

以上の4ステップになります。

次回は、海外でのDNAバンクの実用例をご紹介していきたいと思います。

copyright(C)DNAバンク